読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺たちの人生戦略会議

人生を戦略的に考えるためのブログです。

老後に後悔したくないなら、お口の中に投資しろ

健康の戦略会議

ご存知でしょうか。年配の方が感じるの後悔のひとつとして「もっと歯を大切にしておけば良かった」というのが多いそうです。ちょっとネットで調べてみると簡単にそういう情報が出てきますね。


「older people regret teeth」みたいに検索すると英語でも同様の情報が見つかりますふそれなりに存在するようです。


歯の健康を失えば当然食べられるものへの制限が出来たり、見た目にも大きな影響を与えます。大掛かりな治療が必要になれば金銭的な負担やメンテナンスの手間暇も発生するでしょう。


また虫歯の進行から歯周病になり、歯周病菌が体の他の部分の健康に害を与えるといった研究も報告されているようで、虫歯はお口の中の問題だけに留まらない様々な問題を起こす可能性があるようです。


人生を長く楽しく生き続けることを考えると、どうやら手遅れになる前にお口の健康に投資しておくのが良さそうだと思えてきます。


私もこの5年間ほど最低限の歯磨きくらいはしていましたが、仕事に育児に忙しくて正直歯はほったらかし状態でした。左の奥歯が痛くなってようやく先日歯医者に行ったのですが、そこで虫歯が十か所あることを告げられたのです。


このことをきっかけに、将来の自分の為に本気でお口の健康に投資をすることを決めました。


ここでは本気になった私が、現在行っている「お口の中への投資」をご紹介したいと思います。

歯磨きの「型」の確立


まずはこれです。何よりもこれです。歯磨きの方法論は色々あるでしょうけれど、まず「自分はこうやって歯磨きしています」と説明できるように方法を確立するのがまず肝心。


正直私は今までは適当にやっていたのですが「どこからはじめて、どのように移動していって、それぞれどのくらいの時間と強さで磨く」という型を定義し、それを愚直に実行しています。


もちろんより良いと思う方法論が見つかれば、それを取り入れつつ自分の型を改善していく予定です。ちなみに型を定義したことにより、かなり時間がかかるようにはなりました。

ワンタフトブラシ



ブラシ部分が小さく尖っているのが特徴で、普通の歯ブラシでは絶対に届かない場所、例えば奥歯の奥側や、ちらっと頭を出している親知らずを磨くのにとても便利な歯ブラシです。まさに痒い所に手が届くといった便利道具です。


あんまり普通のドラッグストア等では見かけないようですが、奥歯が虫歯になりやすい人は必携だと思いますね。私は毎晩の歯磨きで、普通の歯ブラシの後にこれを使って奥歯を磨き上げています。

フロス


GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40m

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40m


さすがに紹介するまでもないかと思いますが、歯と歯の間を磨く道具です。前から所持していたのですが毎日やっていませんでした。これも毎晩やっています。タフトブラシの次にやっています。


私はおそらく歯と歯の間が狭いほうなので、よりフロスが重要な役割を果たすのではないかと思います。あからさまに食べ物が歯間に挟まっているときでなくても使います。以前歯科医の方に言われたのですが、フロスをするときは歯茎を傷つけないよう気を付けるべきだそうです。

ワンランク上の歯磨き粉


APAGARD(アパガード) プレミオ 【医薬部外品】 100g

APAGARD(アパガード) プレミオ 【医薬部外品】 100g


今まではその辺のコンビニと何処ででも売っている歯磨き粉を使っていましたが、少し良さげな歯磨き粉にグレードアップしてみました。歯の白さがこれを使うことで増している気がします。


数多の製品が乱立する分野なので、歯医者さんにお勧めの製品や成分を聞いてみて、その情報をもとに自分にあったものを選びたいですね。余談ですが、歯磨き粉の爽快感に騙されてちゃんと歯を磨いてない人が結構いるそうです。爽快感=磨けたと勘違いしないようにしたいですね。

MIペースト


ジーシー GC MI ペースト 40g × 3本 ミント

ジーシー GC MI ペースト 40g × 3本 ミント


朝晩の歯磨きのラストに行っています。歯の再石灰化を促し、虫歯をできにくくしてくれるそうです。歯にまんべんなく塗ったら、唾液ごとしばらく口の中に入れておいた後に掃き出し、しばらくは飲み物など飲まないで歯に効果が浸透するよう待ってます。これの浸透を待つため、最近出勤時間に飲み物を飲まなくなりました。

ランチの後のうがい


私はランチの後にオフィスで歯磨きをする派ではなく、これからもしないつもりではいるのですが、通っている歯医者のおかみさん(受付の仕事をされております)に「うがいくらいしとけ」と言われてから習慣づけるようになりました。


確かに単純なことですが、うがいで落とせる汚れくらいは落としておくべきだと思います。もちろん歯磨きをしたほうが汚れを落とす為にはベストだと思いますが、歯磨きにも「やりすぎ」が存在するようなので、そこは注意して行うべきでしょうね。

キシリトール100%ガム



その辺のドラッグストアで売っているものではなく、歯科用と銘打ったキシリトール100%の歯磨きガムです。


人工甘味料にはまったく詳しくないですが、普通のものはキシリトール以外の甘味料も使っているようなので(それぞれ何%使用されているのかなどは不明)、歯医者さん的にはこちらがお勧めなのでしょう。


100%だと味がものすごくまずいとかそんなことはないので、市販のものもキシリトール100%にしてしまえば良さそうなものですが、キシリトールには下剤作用もあるということなのでそれの絡みでしょうか。


歯科用ですけれど、便利な世の中でAmazon等で簡単に買えてしまいます。ランチのうがいの後、二粒をゆっくり噛みながら仕事に戻っています。

鼻呼吸で眠る



鼻呼吸が苦手で常に口呼吸をしていたのですが、就寝時はただでさえ唾液の分泌が少なくなって虫歯菌が暗躍するときなのに、口を開けっ放しで寝ているので口の中をカラッカラに乾かしながら寝ていました。虫歯菌の大好きな環境です。また喉を傷めてしまう原因にもなっていました。


一念発起し鼻呼吸で寝るためにこのテープを購入。一晩目は苦しくて挫折、二晩目からは何とか寝たもののあごの下の筋肉痛に悩まされましたが、今は何とか違和感なく眠れるようになりましたし、真冬の乾燥している時期でも起床時に口の中が乾いてないのは爽快です。

歯に関する勉強


むだ死にしない技術

むだ死にしない技術


口呼吸は治る!──「歯みがき」でよくなる! 画期的改善法

口呼吸は治る!──「歯みがき」でよくなる! 画期的改善法


これらの書籍はネットで情報の収集をするようになりました。もちろん玉石混淆ですので取捨選択はしながらの勉強ではあります。歯医者さんに聞いてみるのもすごくいい情報の収集になるでしょうね。

定期的な歯医者の受診


そしてこれです。上記はすべて所謂パーソナルケアですが、同時にプロフェッショナルケアも受けることで大事なお口の中の健康を確実なものにしたいところです。


日本では歯医者が「口の中に異常を感じたら行くところ」という認識がまだまだ強いかと思いますが、「口の中の健康を定期的に確認してもらいに行くところ」と認識を変え、年に何度かは異常がなくても予防の為に通うべきだと思います。


いかがでしょうか。お口の健康への投資をまだ始められてない方、今すぐ始めましょう。