読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺たちの人生戦略会議

人生を戦略的に考えるためのブログです。

外資系の日本法人で間違って運用されている「レビュー」というプロセス

キャリアの戦略会議

米系の外資系企業に勤めているのですが、色々と不思議な状況に出くわします。いやもちろん日系企業に勤めていたときも不思議な状況には出くわしていたので、別に外資系企業じゃないと不思議な状況に出くわさないという意味ではないのですが、外資系企業には外資系企業ならではの不思議な状況があるように思います。

例えば外国語。多くの場合は英語だと思いますが、それにまつわるうんぬんかんぬんはそこら中の外資系企業に転がっている話でしょう。また私が見てきた例を挙げますと、会議の時にテーブルや空いている椅子に足を上げてしまう人なんていうのも、あまり日系企業では見ないかなという気がします。あとは外資系というか支社だからということですが、本社やそこで働く従業員に対する複雑なコンプレックスを抱く支社の従業員、みたいな構図も独特のものかもしれません。

色々ある不思議の中で、個人的にかなり注目しているものがあります。おそらく欧米系の外資企業であれば定番の「レビュー」というプロセスが、日本支社では間違った運用をされてしまっているという状況です。正直似て非なるものとして日本支社では存在していると言っていいでしょう。どのような違いがあるのかをご説明します。

レビューとは簡単に言うと、部下が上司に仕事の計画や進捗や問題点などをシェアし、上司の洞察を得て方向性を微調整したり、優先順位を決めるようなプロセスですが、これが日本では、上司による部下へのダメ出し大会として開催されてしまっているという悲しい現実があります。

欧米でレビューが行われる場合、そこで話されることは基本的にはビジネスをどう前に進めるのかであり、上司の仕事はその方向性や優先順位の微妙な舵取です。レビューを受ける側もそれは分かっていますし裁量も与えられているので、正々堂々と現状や問題点について言及し、上司の洞察をきちんと受けられるようにします。

一方日本では、レビューがビジネスを指し止めする為、計画に待ったをかける為、進捗や優先順位に難癖を付ける為、既に起きてしまったことについて追及する為、ひたすらダメを出す為のものとして使われます。舵取りではなく、船を止めるためプロセスになってしまいます。レビューを受ける方もこれを分かっているので、あまり自分にとって不利益になるようなことは説明せず、その場を乗り切ることだけが重要視されるようになっていきます。

上記のような発想の大きな違いがあるので、例えば日本支社で働いていると日常茶飯事な「レビューのやり直し」といったことが本社で起こることがありません。当たり前です、本社では仕事を前に進める為に行っているので、やり直しなどして仕事をブロックしません。データが足りないとか、説明が詳細じゃないとか、資料が分かり辛いとか、そんなことで差し戻しすることこそが自分の仕事だと勘違いしている上司のせいで、ビジネスを止めてはいけないのです。競合にさっさと出し抜かれてしまいます。

問題点の列挙というのは日本人は世界一上手いんじゃないかと思うのですが、それがいかんなく発揮されるのが、外資系企業の日本支社で行われているレビューです。もちろん形は違えど日系企業でも盛んに行われていることでしょう。これでまた意思決定が遅くなって、気が付いた時にはアメリカやヨーロッパに何でも持っていかれた日本市場になってしまうのです。