読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺たちの人生戦略会議

人生を戦略的に考えるためのブログです。

ビットコイン取引で30万円くらい儲けた。そしてもう二度とやらない。

お金の戦略会議

2016年の春頃に、平均55,000円くらいでビットコインを3枚購入して、先ほど13万円ほどで売却しました。この売却で20万ちょっとの利益ですし、ちょっと前に証拠金取引で数万円儲けたので、合計で30万円程度の儲けがあったことになります。


私はもともとプログラマなんですけれど、P2Pの技術がすごく好きで、ビットコインにもそれで興味を持ちました。まず技術的に色々勉強するよりも、まずは体験してみようと購入してみたのが上述の3枚です。


本当はビットコインの普及と発展をこの目で参加者としてみようと思い、ずっと保有しているつもりだったビットコインですが、色々考えた上で手放すことにしました。そして取引自体ももうやりません。以下に私がビットコイン取引をもうやらない理由を列挙します。

四六時中値段が気になるようになってしまった


ビットコインはとにかく値動きが激しいです。2016年末から今に至る2017年頭まで相当なアップダウンを繰り返しています。もちろんそれが魅力だという勝負師の方々はたくさんいらっしゃると思いますし、投資や投機を生業にしている人にとってはあまり問題はないのかもしれません。


しかし私のようなサラリーマンの場合、値段が四六時中気になるようだと色々なことに支障をきたします。会社で仕事中についつい値段を気にしてしまい、本業がおろそかになるかもしれません。仕事の外でも趣味の時間が減ったり、育児への参加や子供たちと遊ぶ時間が減少したりすることもあります。


高々ちょっと小銭を稼ごうという取引程度で日々の暮らしの質を落としてしまうのは本末転倒ですし、非常に不健康な状態だと思います。

証拠金取引がいつでもオープンなギャンブル場


ビットコイン取引は完全に24時間オープンで、これも非中央集権型システムの恩恵のひとつではあると思います(もちろん取引所自体は中央集権型でしょうけれど。)


詳しくは以下のブログに書きましたが、証拠金取引みたいにギャンブル要素がすごく高いものをこのようにずっとオープンにしておくことはあまり推奨できません。こういうのにはまると、人々の生活が狂っていきます。


ビットコインを買っても誰も応援できない


株は企業が事業に必要な資金を集まるために発行している訳ですから、それを買うということはその企業の事業を応援することになります。


私はもちろん今後の値上がりが期待できる株を買っているつもりですが、同時に応援したい、こんな企業が活躍する世の中になって欲しいという願いも込めて株を買っているつもりです。


ビットコインにはそういう要素がありません。もちろんビットコインやブロックチェーンの普及には大きな可能性を感じておりますし、その普及を応援したい気持ちはあります。


しかし別にビットコインは株式会社ビットコインが事業資金を集めるために発行しているものではありませんので、私たちが購入したところで普及や技術的向上を後押しできるという訳ではありません。

ビットコインは持っていても配当が無い


これも株との比較になるんですが、その性質上当たり前なんですが配当が出るわけではないんですね。この点でも株には劣るわけです。あの与沢翼先生も動画でそれを語ってました。配当がなければ長期投資との相性は悪いです。


ビットコインが本当に「通貨」と言える世界が来るまでは、ビットコインもひとつの金融商品に過ぎず、値動きの激しさに釣られてやってきた猛者共以外は外の金融商品を積極的に理由した方が良さそうです。

ビットコインを持っていても勉強のきっかけになりにくい


株や投資信託、または債権を持っているとその値段の動きから世界経済のあれこれを学べることも多いです。私は子供たち二人の為にジュニアNISAの口座も作ってあるのですが、子供たちの資金計画の為というのはもちろんのこと、将来これを題材に子供たちに世界のことを色々と勉強してもらいたいという想いもあってのことです。


ビットコインももちろん世界の色々なことに影響を受けるはずですが、現在のところ大半の取引が中国に集中しているという事情もあり、値段に影響を与えることと言えば中国政府のビットコインに対する規制だとか、元安だとか中国かビットコインに特有のものでした。これだとあまり勉強にはならなそうです。

取引用のUIがクソだった


これは私が使っていたbitflyerさんの問題なんですが、取引に使うbitFlyer Lightingというブラウザで使うUIがマジでクソなんです。何がクソかというととにかく重すぎる。注文ひとつ出すのに何分かけなきゃいけないんだよってレベルでUIが重いです。


別に秒を争う取引をしているわけではない私なんですが、イライラが募っちゃって駄目でした。正直どんなプログラム書いてんだよって思っちゃってます。頑張って中のJavaScriptプログラマ!

まとめ


以下、ビットコイン取引やめた、そしてもうやらない理由です。

  • 中毒になりかけてた
  • 証拠品取引ギャンブル過ぎ
  • 株と違って買うのに意義を感じられない
  • 株と違って配当もない
  • 世の中の勉強のきっかけにもなりにくい
  • UIでイライラ


技術的には今でも応援しておりますし、勉強もしています。早くブロックチェーンにキラーアプリが出てくるといいですね。この書籍はビットコインの技術的な背景について知りたい人にはすごくお勧めです。


ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術