読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺たちの人生戦略会議

人生を戦略的に考えるためのブログです。

ワンタフトブラシを知らないあなたの歯と健康が心配

健康の戦略会議

もしワンタフトブラシと聞いて「何それ?」ときょとんとされているならば、今すぐググるなりTwitterで検索するなりして勉強して下さい。人生に差がつく知識です。

例えば奥歯の奥側ってどうやって磨いていますか?または親知らずが少しだけ頭を出している場合、どのようにそれを磨きますか?

普通の歯ブラシでは磨けない場所、つまり死角になっているところって結構あるものです。ここを磨くための道具がワンタフトブラシです。

この道具を使いこなしてる人とそうでない人では、歯の健康に大きな違いが、強いては人生に大きな違いがでてきます。

歯ぐらいでそんな大げさなこと言うなよと思われるかもしれませんが、歯の健康状態を老後に後悔するというのは結構よくある話なんですよ。

関連記事: 老後に後悔したくないなら、お口の中に投資しろ - 俺たちの人生戦略会議

個人的にはピンポイント歯ブラシとかそんな名前で売り出した方がいいんじゃないかと思うのですが、ワンタフトブラシはこんな形をしています。

プラウト Plaut × 4本 アソート (M(ミディアム))

プラウト Plaut × 4本 アソート (M(ミディアム))

以下にも痒いところに手が届きそうなデザインですね。

私は親知らずが生えておらず奥歯の向こう側は空間になってるんですが、ワンタフトブラシだとそこに入るので、奥歯の奥側を磨くことが出来るようになりました。

ワンタフトブラシはスウェーデンあたりでは一般的に使われているようですが、日本だとドラッグストアで目にすることは少ないですよね。何であんまり導入が進まないのでしょう?

でもAmazonではたくさん売っているので問題はありません。ついでにこんな本で勉強もしましょう。何事もそうですけど、受け身で入ってくる情報だけでは勝ち抜けませんよ。

普通の歯ブラシだけで頑張っている皆さん。是非ワンタフトブラシという強力な相棒を導入して、歯と全身の健康を守りましょう。