読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺たちの人生戦略会議

人生を戦略的に考えるためのブログです。

不動産屋さんの現金主義は正気の沙汰じゃないと思う

お金の戦略会議

最近中古のマンションを購入しました。近い未来に現在のマンションが手狭になることが分かっていたので、下の子が生まれてから結構長いこと良い不動産物件を探していました。


なんで一軒家や新築のマンションにしなかったのか等の話はまた機会があったら書きたいと思います。ただこの辺はどのご家庭でもおそらく悩ましいケースがほとんどだと思いますが、要は自分たち家族のニーズや希望をはっきりと認識することがほとんど全てですね。


今回かなりがっつりと不動産屋さんやリフォームなど不動産絡みの仕事をしている方とやりとりをしてきたのですが、正直すごく驚かされたのはかれらの現金主義です。


数百万円でも結構普通に現金で持参することがデフォルトになっているみたいです。


マンションの頭金を数百万の単位で支払ったのですが、こちらから言わないとプロセスが振り込みにならず、非常に驚きました。


いくら犯罪の少ない日本とは言え盗まれることはあります。ましてや失くすことだってあるわけです。それをその事件や事故の引き金になった不動産屋さんが保証してくれるわけでもありません。


不動産取引では絶対振り込みなど電子的な方法を主張しましょう。札束を数える手間などを考えてみても、不動産屋さんにだってメリットがある話なのになぜ未だに無意味で危険な現金主義を貫いているのでしょうか。


日本には不動産屋さん以外の人にも根強く現金主義が残っています。私は完全にクレジットカード派なんですけれど、少額の(1,000円以下とか)支払いにクレジットカードを使うとき、なぜか申し訳ない気持ちになってしまうのは私が現金主義社会日本で育った証でしょう。


こんなよく分からない宗教じみた感覚のせいで事件や事故に巻き込まれたりするのは馬鹿げています。支払いは絶対カードか電子マネーで払いましょう。大金ならなおさらです。